Appleが推奨するアイコンの表現

こんにちは。
フェノメナエンターテインメント デザインチームのニキです。

今回は初めに、iOSでのアイコンに関する軽いクイズから入ろうと思います。
アプリを使っているとタブバーなどに配置されているアイコンをタップすると、アクティブ時・非アクティブ時での見た目が切り替わりますよね?
ここでクイズです!

アクティブ時・非アクティブ時での見た目を切り替える表現として、Appleが発行している【Human Interface Guidelines】で推奨しているのはどちらでしょう?

【A】:アクティブ時は塗り・非アクティブ時は線のテイストに変わる
【B】:アクティブ時も非アクティブ時も塗りで色の変化のみで表現する

アンケート_お気に入り

決まりましたか?正解は…

続きを読む

異なる解像度を持つiPhone端末への対応

こんにちは。
フェノメナエンターテインメント デザイン担当の山男です。

iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売されたことにより、iPhoneアプリの世界にもバリアブル化の波が押し寄せてから1年半が経とうとしています。
iOSでは異なる解像度を持つデバイス間でも、同じ要素は同じ物理サイズで表示されるように設計されていて(注1)、例えばiPhone 5で1cmの大きさで表示されているものは、画面が大きくなったiPhone 6 / 6 Plusでも1cmで表示されます。配置する要素のサイズは同じですが、配置するフィールドの大きさは異なっているので、1画面の中に表示出来る要素の数が変化しているということでもあります。

iPhone 5でも画面サイズの変更が発生していましたが、縦方向のみだったため、アプリの性格によってはそれほど大きな影響を受けずに済んでいた場合もありました。しかし、iPhone 6 / 6 Plusでは横方向の解像度も拡張されたため、これまでは影響が少なかったアプリでも新たに調整が必要となるケースが多々起きています。

タイトル画像

続きを読む

ブルブルアニメ

フェノメナ・マツキヨです。

スマートフォンを操作していると、いろいろなアニメーションを目にします。
ユーザー操作に対してソフトウェアーがアニメーションで返事をしてくれ、「ボタンをタップしましたよ」「画面を切替えました」「最後までスクロールしました」「元の画面に戻りました」・・・さりげなくアニメーションで対話が行われます。
ところで、画面操作にきちんとしたアニメーションを持ち込んだのは当然ながらアップル社です。

続きを読む