「デザインと、音楽と・・・」

デザインと音楽の共通点、それは作る側と見る(聴く)側の感性が近いか、隔たりがあるかで評価が大きく異なることではないでしょうか?
誰にとっても絶対的に良いデザイン、誰にとっても絶対的に悪い音楽、というのはあり得ないんでしょうね。
だから制作する側では、「誰に」向けて発信しようとしているのかを考えることが大切なように思います。

私は1990年代、音楽業界と関係の深い仕事をしていました。
たくさんの新人デビューを見てきましたが、20数年たった今でも脳裏に焼き付いている2人(2組)のミュージシャンがいます。

続きを読む

「iOS15」で何が変わるのか

こんにちは。
フェノメナエンターテインメント デザインチームのニキです。

日本時間の2021年6月8日午前2時に行われた、Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC21」で「iPhone」や「iPad」や「mac」などの各OSのアップデートが発表されました。その中でも話題の中心になりやすい、「iPhone」のOSである「iOS」のアップデート全体としての印象は、デザインの方向性が大きく変わるようなアップデートではなく、「使いやすい環境を整えていく」ような印象でした。

次期iOSのバージョンは「iOS15」となりますが、対応端末は「iOS14」と同様で切り捨てられる端末はないため、「iPhone 6s」や「iPhone SE(第1世代)」も引き続きアップデート対象となるようです。
また、「iOS15」は2021年秋にリリース予定なのでそれまで使えないです。そのため、本記事は体験談としてではなく、発表された中で「使いやすくなりそう」と思った内容をいくつかピックアップしようと思います。

続きを読む

システムフォントついて

フォント

こんにちは。
フェノメナエンターテインメント デザインチームのニキです。
画面デザインを行う際、実際に表示される状態に近くなるよう意識して作成していくことが大切であると考えています。その時に意識するポイントとして、フォントをどうするかがあります。iOSやAndroid向けなどのアプリでは、ほとんどの場合に初めからOSにインストールされている「システムフォント」を使うと思います。Webサイトの場合は「システムフォント」以外にも、ネット上にあるフォントデータを呼び出して使う「Webフォント」を使用することもあります。アプリ作成の初期段階で使用するのはどのようなフォントなのかを決めて、画面デザイン時にも用いることで、デザインと実際に表示される状態とのイメージのずれを少なくすることができます。
続きを読む

ミニマルファブ

こんにちは。すーさんです。

今回はミニマルファブ構想について触れたいと思います。

ミニマルファブ構想というのは、産業技術総合研究所(産総研)が主体となって進めている、多品種少量および変種変量生産ニーズに適応した新しいデバイス製造システムの構築を目指しているプロジェクトです。

l_km_mini1

従来の半導体製造装置での半導体生産はメガファブと呼ばれ、大規模な工場と巨額の設備投資が必要となります。
それに対して、ミニマルファブは、製造装置を小型化/装置内を局所的にクリーンルーム化することでクリーンルームを不要とし、製造に必要な資源もメガファブと比較して軽減できることが期待されています。

参考サイト:
〇一般社団法人 ミニマルファブ推進機構
 https://www.minimalfab.com/

〇産総研 ミニマルシステムグループ
 https://unit.aist.go.jp/neri/ja/teams/05_minimal/index.html

〇ミニマルIoTデバイス実証ラボ事務局
 https://unit.aist.go.jp/kyushu/minimallab/index.html

 

 半導体製造という産業分野に弊社がどのように関係しているかというと、ミニマルファブ製造装置の操作画面のデザインを担当しました。

また、デザインするにあたり、全装置で操作部を統一するため、ガイドランの策定もしました。弊社ホームページで策定したガイドラインの概要を見ることができるので、もしご興味がありましたら閲覧していただければと思います。

〇minimal 装置のUIデザイン
 http://www.phenomena.co.jp/phenomena/topic/topic_minimal.html

ガイドラインについては、上記サイト内の「発行されたガイドイランの概要資料」からご覧いただけます。

gl_cover 03_03_モード選択

 

競合と比較しないこと

以前、ある企業で商品企画の仕事をしていた時期があります。
その仕事をする時によくあるのは、競合他社のデータを並べてそれを上回る商品を企画するやり方でした。
冷静になって考えると、それは使う(買う)側の人を見ていない、間違ったやり方ですね。 

続きを読む

オフィス移転のお知らせ

コロナ禍で落ち着かない状況ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社でも在宅勤務などの状況変化もあり、その影響でブログをお休みしておりました。

そのような状況の中ですが、このたび弊社フェノメナエンターテインメントはオフィスを移転しました。
新オフィスは、以下の場所になります。

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸 2-12-26 フェリーチェ横浜6階
TEL:045-548-8410
FAX:045-548-8460

フェノメナ_新オフィス_地図
横浜駅西口の静かなビジネス街です。
心機一転、新たな気持ちで仕事が出来そうです。

2020年10月26日より新しい事務所での業務を開始します。
これからも皆様の信頼にお応えできるよう一層の努力をしてまいります。

ブログも再開し有益な情報を発信していきますので、皆様のアクセスをお待ちしています。

五感を駆使したUIで問題点を解決する

民生用機器ではほとんど見られなくなった機械式デバイスによる操作部を持った製品が産業用や専門的な業務用機器の分野ではまだまだ数多く見られます。
それらは長年の間に改良が重ねられ「人間(が使うもの)らしさ」が感じられるものが多く、捨てがたい魅力を持っているものが少なくありません。
ただ、多くは製造コストの面や製品の信頼性の問題で電子デバイスへの切り替えが急速に進み始めています。

続きを読む

このブログから情報発信しているUIデザイン専門家集団のホームページ :
フェノメナエンターテインメント株式会社